固定資産税路線価は固定資産税を課する際の基準となる評価額

相続税路線価は相続税や贈与税を課する際の基準となる評価額

路線価は固定資産税路線価と相続税路線価があり、それぞれ評価額の基準となります。各評価額は路線価を基に、道路に接している間口や奥行及び高低差(崖)等を含め利用状況によって(借地か自宅として利用中か?)補正されます。基本的には1㎡当たり路線価はいくらという基準ですので、「土地面積(㎡)×路線価=概算評価額」概算を計算できます。あとは相続税・贈与税などの控除額と税率で計算します。固定資産税のは「面積(㎡)×路線価=評価額」概算に控除額と不動産が所在する地域の固定資産税率及び都市計画税率を乗じて計算します。※固定資産税は地方税です。