マイホームを買う本当の目的は?

購入する目的を整理するために、よくあるケースをご紹介します。

〇検討するきっかけ


1,「子供ができてアパートが手狭になったから」


間取りを拡大して賃貸物件を探しても良いのではと、お声がけすると、「間取りが大きくなると賃料も上がるし、今は金利が低いから賃料と住宅ローン返済額があまり変わらないでしょう」と返事が返ってきます。マイホームを検討する理由は、「家族の人数が変化した」ことと「賃料を払うのも、住宅ローンを払うのも変わらない」の2つです。他にもいろいろ理由はあると思いますが、とにかく今の住居のままでは生活しにくくなるため検討するわけです。




2,「子供が小学生に入学する前に決めたい」


子供さんが小学校・中学校と転校することなく過ごせるようにというお考えかと思います。学区や通学の距離が物件選びの最重要ポイントとする方が大変多いです。マイホームを検討する理由は「子供さんの為」ということになります。小学校6年間、中学校3年間で合計9年間です。もちろん子供さんに転向を強いることはしたくありませんが、住宅ローンは30年~40年間返済しなければなりません。ということは、何等かの理由で「ご夫婦が欲しくなった」のではないかと推測します。




〇検討することになった理由


a,家族の人数が変化し手狭になったから

b,金利が安い為、毎月の賃料とローン返済の金額が変わらないから

c,子供さんが転校しなくていいようにしたいから

d,マイホームが欲しくなったから




〇購入する本当の目的


上記の検討する理由がそのまま購入の目的かというとそれだけではありません。長期に渡り住宅ローンの返済をしなければなりませんし、賃貸では不要だった費用「固定資産税」や「設備の補修・買換え、外観リフォーム等」が新たな負担になります。それでもマイホームを購入する本当の目的は、これまでよりも家族の生活を充実させたいからです。賃貸生活で子供さんが生まれれば、お隣さんや、下の階の入居者に気を使いますし、お子さんのいる方は「さわいじゃダメ」を家族内で連呼することがご夫婦にもお子さんにもストレスだったわけです。そのような毎日少し我慢の生活から脱出して、お子さんには自宅で遠慮なくはしゃいで過ごしてほしい、そしてこれまで以上の笑顔でその様子をご夫婦で見守りたいのです。自宅でバーベキューを楽しんだり、趣味の道具をそろえたりと賃貸では我慢していたことが出来るようになります。マイホーム購入の本当の目的は、家族みんなが毎日のびのびとリラックスでき、明るく元気に過ごす場所を作る目的なのかなと思います。


買うべきか?

購入と売却例

土地代金900万円

建物代金2400万円

単純合計3300万円の住宅を取得し、下記のような取得期間を経て売却した場合の単純差額を記載しました。いずれかのケースで納得できない方は「買わない」選択をした方が良いと考えます。



ケース1


新築時3300万円で購入


10年後 売却(売却価格=2200万円)

単純計算ですが(差額=1100万円)




ケース2


新築時3300万円で購入


20年後  売却(売却価格=1600万円)

単純計算ですが(差額=1700万円)




ケース3


新築時3300万円で購入


35年後  売却(売却価格=900万円)

単純計算ですが(差額=2400万円)



お気軽にご連絡ください

営業時間:

9:00〜17:30

2d24a57caabc6de6c1ebd895c61ff37f_t

地域に密着して活動する不動産会社としてお客様に寄り添ってサポート

Company

ハウスドゥ 山形西

住所

〒990-0831

山形県山形市西田5丁目5-8

Google MAPで確認する
電話番号

0120-3464-77

0120-3464-77

営業時間

9:00~17:30

定休日 水曜日 夏季休暇 年末年始

運営会社

にしだ不動産株式会社


ご購入されたお客様に現状のままお渡しするだけでなく、購入を検討されているお客様のニーズに合わせてさらに購入したいと思っていただけるように、建て替えやリフォームなど様々なプランもご用意しております。

お問い合わせ

Contact